クレジットカード現金化を利用するデメリット

クレジットカード現金化という言葉は知っていますが、その内容までは分からないという人もいるでしょう。
クレジットカード現金化というのは、カードのショッピング枠を利用するサービスです。
メリットが多いことで知られていますが、利用する時はデメリットの理解も忘れないでください。

・悪質な業者が多いです
ショッピング枠現金化のデメリットとしては、まず悪質な業者が多いことがあります。
業者のホームページなどを見る限り、どこも優良な業者の感じがしますが現実はそう甘くはありません。
業者の中には、詐欺まがいの悪質な営業行っているところも存在しています。
このような悪質なところは様々な誘い文句や謳い文句で、みなさんを言葉巧みに誘導してきます。
また広告やDMなどには、換金率100%などの言葉を見かけることもあります。
一見魅力的に感じますが、良く考えたら分かると思います。
このような換金率100%などのことは、実際には有り得えません。
既に広告の時点で嘘をついていることになりますので、このような悪質な業者と取引しないようにしましょう。
さらに、電話対応が悪い会社も注意しておいてください。
クレジットカード現金化を利用する時は、業者をしっかりと見極めておくことが大切です。

・様々な手数料がかかります
ショッピング枠現金化サービスのデメリットとしては、手数料の面も挙げられます。
現金化の業者によって異なりますが、サービスを利用する時は様々な手数料がかかります。
主な手数料としては、まず送金手数料が挙げられます。
これは、利用者に現金を振り込む時にかかる振り込み手数料のことです。
その他にも商品発送料があり、こちらはクレジットカード現金化で購入した商品を、業者に発送するためにかかる費用です。
ショッピング枠現金化では、商品を受け取ることで取引が成立します。
このように、手数料の面もデメリットに挙げられます。

・デメリットにも注意してください
クレジットカード現金化は、お金が必要な時にすぐに融資してくれる魅力なサービスです。
しかし、サービスにはデメリットもありますので、利用する前にしっかり認識しておきましょう。

関連記事